バリアフリー住宅」とは、お年寄りや子供、体の不自由な方が安心して暮らせるように、生活の障壁(バリア)となるものを取り除き、安全性を重視した機能を備えた住まいのことです。


  •      リフォーム例


各居室、水廻り、玄関をつなぐ廊下の段差をなくしたり、
玄関廻りの段差・階段をスロープにします。


車椅子で通行する場合、廊下の幅は78cm以上、各部屋への出入り口の幅は内法75cm以上必要です。


浴室、階段、玄関、アプローチ、廊下、トイレなどつまずきやすい場所や、立ち座りの必要がある場所に。階段の手すりは下りの時に効き腕側になるよう設置しましょう。

上記以外にも、床を滑りにくい素材に替える、扉を引き戸にする、対象者の寝室とトイレを同じ階(できれば1階)に設ける、足元灯の設置などがあります。

  •      介護保険制度の利用

要介護度にかかわらず、区・市町村から1生涯で20万円までを支給限度額とした給付を受けることができます。
※1割が自己負担となるため、実際の給付額は18万円になります。
※介護状況が3段階以上上がった場合は、1回に限り再度支給されます。
※1度で全額を使い切らずに数回に分けて使うこともできます。

【対象となる住宅改修の種類】
1)手すりの取り付け
2)床段差の解消
3)滑りの防止及び移動の円滑化のための床または通路面の材料の変更
4)引戸等への扉の取り替え
5)洋式便器等への便器の取り替え
6)その他前各項目の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修





ホーム > リフォームをお考えの方 > バリアフリーリフォーム