昭和30年、映画「3丁目の夕日」の時代がこの頃です。“もはや戦後ではない”という言葉に表されるように、景気が急速に拡大していきました。
当然、住宅需要も大きく高まり、浴室が登場し始め、水洗トイレが少しずつ普及、さらに窓にはアルミサッシが採用されていきました。


石やコンクリートの流しが主流
当時のキッチンは、流し台、ガスコンロ、調理台といった組み合わせが主流でした。ステンレス流し台が登場し、従来の石やコンクリート製のものから切り替えが進みました。


木製窓の時代
木製窓が主流でしたが、アルミサッシが登場し、公団住宅や西洋風住宅で採用されはじめました。


主流は白熱電球
浴室普及率は6割未満で都市部はさらに低く、銭湯通いが当たり前の時代でした。内風呂は木桶が主流でした。


銭湯利用が中心
浴室普及率は6割未満で都市部はさらに低く、銭湯通いが当たり前の時代でした。内風呂は木桶が主流でした。


トイレは和式の汲み取り式
和式汲み取り式が主流でした。この頃水洗トイレが登場し、公団住宅に全面採用されるなど、憧れの的となりました。


瓦の種類が豊富に
当時は風呂釜の時代。屋外に設置し、煙突が外にあるタイプで、お湯を沸かすには、浴槽に水を張ってから屋外に出て火をつける必要がありました。


屋外設置、煙突タイプが主流
塩焼瓦全盛の時代ですが、シルバー一色の瓦、青緑色瓦、銀黒色、いぶし銀色の瓦など、瓦のカラーの選択肢が増えたのもこの時代。瓦出荷数は10億個を突破しています。


ラスモルタル全盛期
住宅の防火性能の必要性が認識されラスモルタルが全盛期を迎えました。ラス下地は厚みが出るワイヤラスが使用されていました。



現代の省エネ・エコブームの前、第一次ともいえる省エネ化や省電力化が進んだのがこの時です。例えばトイレは水需要の増加による水不足から節電機能が進み、明かりもオイルショックを契機に省電力化の機器に注目が集まりました。環境対策というよりは必要にかられて、住宅設備・建材が進化していきました。


ステンレス流し台が主流に
ステンレス流し台に深型シンクが登場し、流し台の主流となりました。
セクショナルキッチンが一般化した時代でした。


アルミサッシが完全に主流に
アルミサッシの普及率が9割を超え、完全にサッシの主流となりました。また、断熱性の高い樹脂製サッシが登場し、寒冷地を中心に普及していきました。


省電力化が進む
オイルショックなどによって消費電力削減への注目が高まり、5%消電力型電球や、省電力蛍光ランプが登場。三波長型蛍光ランプが登場したのもこの頃です。


ステンレス浴槽が普及
ステンレス浴槽が一気に普及し、浴槽の主流となっていきました。カラーステンレス浴槽も登場しています。また、ユニットバスが一般住宅でも採用され始めたのもこの頃です。


水不足が深刻化、節水化が課題に
水需要の高まりによる水不足が深刻化。節水化が進み、1回あたりの洗浄水量が13〜16リットルのタイプが登場しました。


室内着火タイプが登場
室内で着火してお湯をわかせるタイプが登場し、一気に普及しました。また、いわゆるバランス釜にシャワーが付いたタイプが登場し、一般家庭にもシャワーが普及していきました。


壁紙が防火材料に
建築基準法が改正され、壁紙の建材同様に防火材料として指定されることになりました。この頃、公団住宅で採用されていたビニールクロスの普及がどんどん進みました。


瓦の出荷数がピークに
住宅着工数の急増により、瓦出荷台数が20億個突破しました。瓦のデザイン面での選択肢が増えるとともに、金属製形瓦、コンクリート瓦などが登場したのもこの頃です。

メラルラスが主流に
モルタル全盛の時代でしたが、下地がワイヤラスと比較し、塗り厚が薄く出来るメタルラスが主流になりました。重量も軽くなりひび割れが減少しました。また、軽量セメントモルタル仕上げ材(ジョリパット)も登場しています。



この頃は日経平均株価が1万円を突破、平成に向け段々と景気が上向いてきたころです。住宅着工数も昭和58年を底に向上していきます。そうした中で、住宅設備としては温水洗浄便座やマイコン制御の給湯器など、便利なアイテムが次々に登場しました。高級システムキッチンが出てきたのもこの頃です。


高級システムキッチンが憧れの的に
高級システムキッチンが登場し、富裕層に人気となり、庶民の憧れの的となりました。また、低コストの簡易施工型システムキッチンが登場したのもこの頃です。


アルミサッシの断熱性が高まる
アルミサッシの室内側に樹脂形剤を複合させた「アルミ樹脂複合構造」が登場、アルミサッシのネックだった断熱性の向上が図られます。ガラスも「ペアガラス」が登場しています。


明かりのリモコンが登場
リモコン制御機器が登場し、ひもを引っ張るのではなく、ボタンでつけたり消したりできるようになりました。また、電子式電球型蛍光ランプが登場するなど、電子化が進みました。


浴槽の素材が多様化
人工大理石の浴槽が登場し、FRP、ホーローなどとあわせ、浴槽の素材が多様化しました。ステンレス浴槽の出荷割合も4割程度に減少しています。


温水洗浄便座が登場
水洗トイレの普及率が5割を超えた頃、TOTOから温水洗浄便座(ウォッシュレット)が発売され、一大センセーションを巻き起こしました。トイレは設備機器から電気機器へと大きな変貌を遂げることとなります。


マイコン制御タイプが登場
水位センサーなどが付いたマイコン制御による全自動の風呂給湯器が登場しました。ボタン一つで操作できるワンタッチ給湯器も発売されました。


厚型スレートが登場
国内メーカーが独自に厚形スレート技術を開発、スレートの弱点であった耐久性が高まります。また、不燃シングル、無石面化粧スレートなど、瓦以外の屋根材の種類が豊富になっていきました。


サイディングが普及
工期の短さからサイディングが徐々に普及していったのがこの時代です。中でも窯業サイディングは、そのコストの安さから広がっていきました。



1990年はバブルが崩壊し、失われた10年が始まった年です。住宅業界も低迷しますが、住宅設備・建材が大きく進化した時でもあります。主なところではキッチン、バスのシステム化。さらにタンクレストイレの登場、ペアガラスの普及などで、生活の利便性や住まいの性能が大きく高まりました。


システムキッチンが一気に普及
簡易型施工型のシステムキッチンが一気に普及し、年間出荷台数が100万代を突破。出荷台数がセクショナルキッチンを上回りました。


ペアガラスが普及
断熱性の問題からハウスメーカーの住宅やマンションでペアガラスが採用されるケースが多くなり、普及し始めました。防犯性能が重視され始めたのもこの頃です。


電球の省エネ化進む
10%省電力電球が登場するなど、電球の省電力性能が更に進みました。蛍光灯もインバータ型からインバータ型・高周波専用ランプが主流になっていき、寿命も大幅に伸びると共に、明るさも増しています。


ユニットバス時代に突入
一気にユニットバスが普及し、出荷台数が在来工法の単体浴槽を上回りました。浴槽の素材としては、ステンレスからFRPなどの樹脂製にシフトし、主流となりました。


タンクレストイレが登場
洗浄用タンクがない「タンクレストイレ」が登場。トイレ空間が大きく変わるきっかけとなりました。また、「脱臭機能」「消音装置付き」など、多機能化も進みました。


安全性が高まる
窒素酸化物の排出規制をうけ、低NOX給湯器が登場するなど、環境に配慮した製品が登場しました。


機能性の高い瓦が登場
セラミックと銅の複合材料を通電して発熱作用を利用する融雪瓦など、瓦素材のバリエーションが増えるとともに、機能性の高い商品が登場しました。


デザイン性が大幅に向上
デザインバリエーションが一気に増えたのがこの時代。窯業サイディングでは、塗り壁調や木目調など、本物さながらのデザインが登場。金属サイディングでも、陰影の付いた彫りの深いものも登場し、高級感が高まりました。



2000年前後はエコが進んだときです。特に給湯器ではガスのエコジョーズや電気のエコキュートなど高効率の商品が次々に登場し、光熱費やCO2削減に大きく貢献することになりました。また、LED照明が登場したのもこの頃。白熱電球から新たな照明の時代へと移りつつあります。


キャビネットが引き出しタイプへ
キャビネットが開き戸から引き出しタイプが主流となりました。システムキッチンでは、ビルトインタイプのIHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機が普及していきました。


防犯性能へのニーズ高まる
防犯性能を求めるニーズの高まりから、強度の高いガラスがスタンダードになり、複層ガラスの出荷量が大幅に増加しました。また、アルミ、樹脂複合サッシが登場したのもこの頃です。


LED照明が登場
省エネ性能が飛躍的に向上したLED照明が登場。ランプ寿命が4万時間(蛍光灯の6.6倍、白熱灯の20倍)という省エネ性能と、調光機能の豊かさで、照明を大きく変えました。


ユニットバスが完全に一般化
ユニットバスの出荷台数が浴槽全体の7割を超えるなど、ユニットバスが完全に一般化しました。また、断熱性を高め、省エネ性を高めた「魔法びん浴槽」も登場しています。


節水化が進み、6リットル以下主流に
この時代は節水化がすすみ、6リットルタイプが登場しています。さらに、より少量の水で洗える「トルネード洗浄トイレ」、汚れが付きにくく掃除しやすい「フチなしトイレ」が登場しています。


エコジョーズ、エコキュートが登場
排熱を利用してガスのロス率を大幅に改善したエコジョーズや空気中の熱を活用することでエネルギー効率を向上させたエコキュートが登場し、省エネ・高効率化が進みました。


抗菌や防カビ機能を持つ壁紙登場
1990年頃に生まれた機能性壁紙に注目が集まりました。ショックハウス問題も浮上し、汚れ防止のほかに、抗菌や防カビ機能を持つ壁紙が登場しました。


スレート屋根が主流に
瓦出荷台数が10億個を切り、いわゆる“コロニアル”などのスレート屋根が主流となりました。また、金属屋根ではガルバリウム銅板が徐々に普及していきました。


保証性能が向上
保証性能が向上し、塗膜10年保証のついた金属サイディング、塗膜15年保証のついた窯業サイディングなどが登場し、耐候性が高まりました。



現代の住宅・設備は“清掃性”が向上し、主婦の負担を大きく軽減しました。例えば、ユニットバスでは排水口のごみをまとめる機能や床に水を残さない特殊床が登場。また、トイレでは自動で掃除してくれる洗浄機能や水位を下げて輪シミを清掃ができるタイプも出てきました。


収納力がさらに高まる
調理器具専用の引き出しや、足もとの床上すぐの部分に収納スペースがあるなど、収納性能が高まっています。また、引き出し部は、わずかな力でしまうことができ、音も静かになるなど、使いやすさや快適性も高まっています。


断熱性能がさらにアップ
複層ガラスの出荷量が板ガラスを上回るなど、断熱性・防犯性の高いガラスが当たり前の時代となっています。また、樹脂窓も登場するなど、今後さらに進化しそうです。


色温度を自分で調整可能に
LED照明がさらに進化。リモコンで細かく色温度を調整できるタイプが登場し、気分や部屋の雰囲気に応じて、自分で自在に明かりを演出できるようになりました。


新機能で掃除が楽に
排水口にたまってカビやにおいのもととなる髪の毛などのゴミを、まとめて集め、てに触れずに捨てられる機能が登場したり、床に水を残さない特殊床が登場するなど、清掃性がさらに高まっています。


清掃性がさらに進化
洗剤を入れておくと自動で掃除してくれるオート洗浄機能や、便器に張った水の水面部分にできる輪シミの掃除がしやすくなるよう、水位を下げられる機能が付いたタイプなど、掃除しやすさがさらに進化しています。


エコジョーズ・エコキュートが普及
補助金効果もあり、エコジョーズの出荷台数が100万台、エコキュートは150万台を突破。機器もよりコンパクトになりました。また、エコフィール、エコウィルなど、さまざまな省エネ給湯関連商品が登場しています。


軽量化がさらに加速
かつての半分以下の重さの新素材瓦が登場するなど、瓦では、さらに軽量化が加速すると共に、金属屋根では、塗料の進化で耐久性がアップするなど、それぞれの素材でデメリットを克服する商品が続々発売されています。


“汚れない外壁”の時代に
汚れを防ぐ機能や外壁に付着するホコリなどを雨とともに洗い流してくれる機能が付いたものなど、清掃性が高まり、外壁の美しさを長く保つことができるようになっています。

ホーム > 0歳~50歳の家